« 2012年1月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

私の今年のぴあの

今年は2回の門下生コンサートのために、小品を3曲じっくり勉強しました。

「100の練習より~」という言葉があるけど、それは、本番を多く経験すれば自動的に上手くなるということではなくて、本番のための準備、緊張感、反省点を次の練習に活かすことが上達へつながるということだと思います。

本番では思い通りに弾けないところもいろいろあったけど、勉強して得たものはたくさんありました。

体の内側の感覚や、楽譜から演奏のヒントを読み取るということなど、去年のリストの頃に比べて具体的にわかるようになってきました。

これからは音符の数も増えていくので、できるだけレッスン受けていっぱい勉強して、もっと楽に体を使って、音色や音楽表現のレベルアップを目指します!

11月に弾いたプーランクの「エディット・ピアフ」はいい曲だし受けもいいので(笑)、レパートリーにするつもりです。もちろんキープではなく、時々練習してもっとよく仕上げていきたいです。

2012年12月26日 (水)

手が小さいから

最近、体の使い方がうまくいくと、オクターブがゆるゆるで掴めるようになりました。

昔はめいっぱい手を広げて、ムダな力をいっぱい使って弾いてたんですね・・・おそろしい

私は手が小さいので、手が大きかったらなぁと思ったこともありました。

でも、手が大きかったら弾けてる気になって、レッスン受けてなかったでしょう。

先生からは、これまで知らなかったことをたくさん教わって、本当に心から感謝し尊敬しています。

手が小さいから先生に出会えたということになりますね。

2012年12月20日 (木)

今年最後のレッスン

昨日は今年最後のレッスンに行ってきました。

曲をショパンのノクターン13番(やり直し)に決めて、先生にレッスン依頼のメールをしたのですが、ついでに「将来の目標はショパンのソナタと舟歌」と勢いで書いたところ、先生から「舟歌の譜読みもしましょう」とお返事を頂きました。
舞い上がって譜読みを始めたけれど、難曲初心者の私には音符が多くて難しい!両手は無理なので片手で1ページ半ずつが精一杯でした・・・

ということで、レッスン

ノクターンは何度も止められながらも最後まで見ていただきました。再現部はあっぷあっぷだったけど・・(汗)

注意されたことは・・・バス、ベダル、音価、呼吸、拍など、これまで何度も言われてきたことです。
わかっていてもまだまだ意識が足りないってことでした・・・(;;;´Д`)ゝ

舟歌は右手だけ見ていただいて
この曲は長期戦でやっていくことになりました。しばらくは片手だけゆっくりやります。

2012年12月16日 (日)

レッスン決まりました

昨日先生にメールしたところ、水曜日にレッスンしていただけることになりました。

ちょっとアセアセだけど、がんばって練習するよ♪♪

2012年12月15日 (土)

今年もあと半月

2012年も残すところあと半月となりました。

このブログの最後の記事・・・1月でした(^-^;

その間、1月、3月、6月、10月に札幌ツイピがあり

9月と12月の門下生コンサートに出演しました。

今はショパンのノクターン13番のやり直しをしています(まだレッスンで見ていただいてないので、決定ではないですが)。

年内に1回レッスン行きたいです・・・そうじゃないといつまでも緊張感のない生活が続いてしまう┐(´-`)┌

« 2012年1月 | トップページ | 2013年1月 »